被害に遭ったら南京虫駆除を検討しましょう

駆除

痒みを伴う

南京虫は寝具に発生する事が多い害虫で、「トコジラミ」と呼ばれる事もあります。シラミと名前が付いていますが、実際はカメムシの仲間だと言われている虫です。南京虫は人の血液を吸う特性があり、噛まれてしまう事で激しい痒みが発生します。

作業員

南京虫の被害を防止する

被害が発生してしまう前に、対策を行なう事もできます。それは、南京虫が繁殖しないような環境を心がけるという事です。住宅の中はなるべく衛生的に保つようにしましょう。住みつきそうな場所は、徹底的に綺麗にしておくべきです。

散布機

小さな虫だからと軽く考えない

南京虫は一度噛まれてしまうと激しい痒みを伴います。日常生活が脅かされる程の被害へと発展してしまう前に、南京虫駆除の業者を利用してください。もしもすでに刺されてしまったという場合には、皮膚を強く掻いてしまわぬように注意してください。また、害虫は南京虫だけではありません。南京虫の他に大量発生しやすいのがアリです。よく見るアリだからと侮ると後悔することもあるので、どの種類が危険かきっちり判断できるようにしておきましょう。

[PR]
南京虫駆除は専門業者へ
放置すると大変なことに!

シロアリとクロアリの違い

シロアリの特徴

シロアリは住宅にも大きな被害をもたらしてしまう害虫ですから、被害を最小限にするためにも見分けるポイントを知っておくべきです。シロアリはクロアリと同様、集団行動をとる虫として知られています。見た目で分かる違いとしては、触角が数珠のようになっている事、胴がまっすぐになっている事です。

クロアリの特徴

クロアリは蟻道が無くても歩き回るという特徴があります。シロアリはそのまま歩き回る事がありませんから、歩き回るアリはクロアリと認識して良いでしょう。触角は大きく湾曲している事が特徴的です。また胴の部分にくびれがある点がクロアリの判断基準になります。

実際の声を参考にしましょう

害虫は私達の生活を脅かす存在です。ここでは実際に南京虫の被害に遭った方が、南京虫駆除の業者を利用した際の口コミ情報を掲載しています。もしも似たような被害にお悩みの場合には、業者の利用を検討しましょう。

南京虫駆除の業者を利用した方の口コミ情報

駆除

実家で南京虫の被害

実家で害虫が発生しているとの話を聞いて、南京虫じゃないかな?と思いました。業者に調査を依頼したところ、案の定南京虫が繁殖していたのです。私は直接実家に出向く事はありませんでしたが、スムーズに駆除を行なってもらえたみたいでよかったです。

旅行から帰ると…

海外旅行の後に、寝ている間に虫刺されに遭う事が増えました…。それが凄く痒くて、どうにか手を打とうと思い専門家に依頼する運びとなったのです。原因は南京虫で、おそらく旅行鞄に潜んでいたのだろうとの事でした。南京虫駆除の後は、被害も無くなり安心しています。

ノミかと思ったら…

自宅では犬を飼っているのですが、はじめて南京虫に刺された時は「ノミかな?」と思いました。それから自宅でノミ対策を開始しましたが、一向に被害は収まらず。自分では対処しきれないと思ったので、害虫駆除業者に調べてもらったのです。原因は南京虫との事で驚きましたね…。被害に悩んでいましたから、すぐに駆除してもらいました。

[PR]
南京虫駆除を任せよう!
丁寧かつ迅速に対応してくれる

広告募集中